誤嚥性肺炎のお話

誤嚥性肺炎のお話

最近、高齢犬が増えたことによりよく見かけるようになった疾患に、誤嚥性肺炎があります。

飲み込む筋力が低下する疾患(甲状腺機能低下症など)・逆くしゃみを誘発する疾患(慢性鼻炎)・呼吸困難を呈する疾患(気管虚脱や好酸球性気管支炎など)・嘔吐する疾患(膵炎など)などが基礎疾患としてあることが多く、これらは定期的な健康診断で見つけることができます。

肺炎は、人と同様にややもすると命を落とす疾患です。咳をする、熱っぽい、元気食欲が落ちているなどの症状があるときは、様子を見ずに早めの受診してください。

そして、予防の為にも定期的な健康診断をお勧めします。

院長

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    青空 (木曜日, 04 10月 2018 21:42)

    受信になってます!

  • #2

    井口 (木曜日, 04 10月 2018 22:10)

    ご指摘ありがとうございます
    早速修正させていただきました

What's new

🍀ドッグランの利用が始まっています。待ち時間にご利用いただいて好評です。ご利用に際しては皆様に気持ちよくご利用いただくために予防等お願いする規定もありますので、お気軽にお問い合わせください。

 パピークラスブログ 

2018/11/17更新しました。

スタッフ日記

2018/10/25更新しました。

お問い合わせ