お薬の飲み忘れ対策

こんにちは、スタッフの村田です。

今回は、お薬の飲み忘れ対策についてお話します。お薬には、錠剤、カプセル、粉薬、液薬、点眼薬、軟膏などたくさんの種類があり、わんちゃん、ねこちゃんに合わせて処方しています。薬は正しい量を正しい時間に服用する事で効果が発揮されます。しかし、

・うっかり忘れてしまった

・種類が多くていつ飲ませるか分からなくなってしまった

・薬を飲ませたか忘れてしまった

など、飲み忘れてしまう事もあるかと思います。

そこで対策として、

・常に見える場所に置いておく

・お薬カレンダーやお薬ケースを使用

・薬のシートや薬包に日付を書く

・手帳やカレンダーに印をつける

などがあります。

ちなみに、私の家では写真にある表を使い、薬の管理をしていました。薬を飲むべき日に”〇”をつけ、飲んだら”✓”をつけていきます。この表は病院でお渡しできます!ぜひ、お声掛けください!

薬の効果をしっかりと発揮させるためにも飲み忘れ対策をぜひ試してみてください!他にも”こんな工夫をしている!”という事があればぜひスタッフにもお教えください!


What's new

🍀ドッグランの利用が始まっています。待ち時間にご利用いただいて好評です。ご利用に際しては皆様に気持ちよくご利用いただくために予防等お願いする規定もありますので、お気軽にお問い合わせください。

 パピークラスブログ 

2018/11/17更新しました。

スタッフ日記

2018/12/30更新しました。

お問い合わせ