熱中症

こんにちは、スタッフの武内です。今回は、熱中症についてお話しします。

これからの季節は熱中症に大変なりやすい時期ですので注意が必要です。

熱中症は、人間をはじめ犬や猫などの動物でもかかります。多くは運動や環境の異常な高温を原因としています。熱中症は特に換気の悪い閉鎖空間での発生が多いため、犬や猫をそのような場所に置き去りにしないという予防がとても大切です。

毎年、残念ながら熱中症のニュースも多々あります。

ほんの少しだからいいか・・・がとりかえしのつかないことになります。車の中やエアコンがついていない換気の悪い室内などはくれぐれも注意してください。

万が一、ぐったりした状態を見つけたら病院に至急電話をしてください。

応急処置として、保冷剤などの冷たいものをタオルなどに巻いて前脚の付け根(脇の下)や後脚の付け根(鼠蹊部)など太い血管のあるところを冷やして、病院に連れて来てください。

また、強い症状ではなくても元気がない、体が熱い、ヨダレが出るなどの症状があれば受診していただくことをお勧めします。

高齢、肥満、短頭種、黒い毛をしている子などは熱中症になりやすい為、注意が必要です。

我が家にも高齢犬がいますし、乳幼児もいる為、この時期は特に気温の確認や換気を気を付けたいです。

What's new

🍀ドッグランの利用が始まっています。待ち時間にご利用いただいて好評です。ご利用に際しては皆様に気持ちよくご利用いただくために予防等おん規定もありますので、お気軽にお問い合わせください。

 パピークラスブログ 

2018/6/15更新しました。

スタッフ日記

2018/6/22更新しました。

お問い合わせ