フードの保存方法

こんにちは、スタッフの斎藤です。

うちの子なんだかフードの食べが悪いなあと感じたことはありませんか?調子が本当に悪い可能性ももちろんあります。ですが、フードの保存の仕方を変えるだけで食べだしてくれることもあります。

わんちゃん、ねこちゃんは鼻が利いているため、ちょっとしたフードの質の変化に敏感です。開封したフードは空気に触れることで酸化が始まり、フードの油の質を変えてしまいます。また、湿気もよくありませんね。フードの質はわんちゃん、ねこちゃんの健康にも影響するため、フードの保存をしっかり行い、よりよいフードをわんちゃんねこちゃんたちに提供してあげれたら私たちも嬉しいですよね(^^)

まずはフードの袋に記載されている保存方法は守りましよう! そして、開封後はチャック袋付きのものはしっかりチャックをし、ないものは密封された容器に入れましょう。

 これはわんちゃん、ねこちゃんに関わらずうさぎさんなどが食べるチモシー等も同じです。ニオイがより新鮮なほうが食べがよかったりします♪

保存が良い方が最後まで美味しく食べられます(^^)

食欲が落ちているときは病気の可能性もありますので受診をお勧めします。

 


What's new

🍀ドッグランの利用が始まっています。待ち時間にご利用いただいて好評です。ご利用に際しては皆様に気持ちよくご利用いただくために予防等お願いする規定もありますので、お気軽にお問い合わせください。

 パピークラスブログ 

2018/11/17更新しました。

スタッフ日記

2018/10/25更新しました。

お問い合わせ