誤飲を防ごう!

こんにちは、スタッフの斎藤です。

わんちゃんねこちゃんと一緒に生活している中で思わぬ物をわんちゃんねこちゃんが食べてしまった!ということはありませんか?ものによっては命にもかかわるものもあるんです。

私の愛犬も昔は読む前の新しい本をびりびりに破いたり、友人から借りたCDに手をかけていたり…と今より随分好奇心旺盛だったので飲み込む可能性もありヒヤヒヤしたものでした(・・;)

糸や紐の細長いものは絡まって団子になり閉塞を起こしたり、腸管内を傷つけるなどするため、とても危険です。飲み込んでしまった場合はすぐに病院へ来院してください。

飲み込んだものの性状にもよりますが、内視鏡で取り出すことができる場合があります。この場合は、何も食べさせずに来院ください。

拾い食いする子や何度も誤飲する子はクセになっているため、注意が必要です。

誤飲予防には何と言っても環境整備が1番重要です。私たちが環境整備をしっかり行うことで防げる誤飲も多くあります!

 

内視鏡や手術で取り出したもの
内視鏡や手術で取り出したもの

What's new

🍀ドッグランの利用が始まっています。待ち時間にご利用いただいて好評です。ご利用に際しては皆様に気持ちよくご利用いただくために予防等おん規定もありますので、お気軽にお問い合わせください。

 パピークラスブログ 

2018/2/16更新しました。

スタッフ日記

2018/2/20更新しました。

お問い合わせ