療法食(処方食)について

スタッフの武内です。

今日は療法食(処方食)についてお話ししたいと思います。以下処方食。

処方食は、獣医師の診察のもと処方されます。治療薬と同じで、その時の動物の体調、体質により処方しています。診察室や受付で処方食のサンプルを受け取られたことがある方も多いのではないのでしょうか。特に皮膚炎や、膵炎の子は違うフードを食べてしまうと命に関わることがあります。獣医師の診察のもと処方されるものなので、実際に診察している獣医師のもとでの販売のみとなります。すべての処方食メーカーは動物病院以外での販売は想定しておらず、インターネット販売や市販での販売でペットの健康トラブルが起きています。またインターネット、ホームセンターなど動物病院以外での販売、購入は違法行為となります。動物病院以外で購入した処方食を給与していて体調不良などのトラブルが起きた場合、当院では責任が取れない場合がありますので、ご了承ください。

可愛い我が子の為にも注意してください。

 

ちなみに愛犬は獣医師の診察のもと処方された腎臓サポート、関節サポート、メタボリックス+モビリティ、心臓サポート1+関節サポートを食べたことがあります。症状が変われば処方食が変わることもあります。処方食を食べている子は定期的に診察をうけて、今のうちの子にあっているのか確認した方が安心ですね!


What's new

🍀ドッグランの利用が始まっています。待ち時間にご利用いただいて好評です。ご利用に際しては皆様に気持ちよくご利用いただくために予防等おん規定もありますので、お気軽にお問い合わせください。

 パピークラスブログ 

2018/6/15更新しました。

スタッフ日記

2018/6/22更新しました。

お問い合わせ