阪神淡路大震災から20年

我が家のシエルくんもクレートが落ち着く場所です
我が家のシエルくんもクレートが落ち着く場所です
マイクロチップのリーダー
マイクロチップのリーダー
プラスチックのケースの中にある赤と黒に見える1cm×1mmのチップです。ここに記憶された10桁の数字で飼い主さんが判ります。
プラスチックのケースの中にある赤と黒に見える1cm×1mmのチップです。ここに記憶された10桁の数字で飼い主さんが判ります。

こんにちは

治美です

 

阪神淡路大震災から20年

今の神戸は綺麗で明るい街並みになっていますが、所々に当時のままのものが残っています。

当時のことを忘れないため。今でもこれらを見ると当時の震災の激しさを感じます。


当時は犬は救護所に積み上げられた網のケージに入れられ、ガタガタと震え続ける犬、吠え続ける犬。

恐怖・不安からボランティアに噛みつこうとする犬。

散歩をしたくても、リードがつけられない、ケージから出せない、そんな犬が多かったそうです。

会いに来た飼い主さんも、連れて帰りたくても連れて帰れず、泣く泣く帰って行ったそうです。


今では同行避難という言葉も聞こえるようになりました。

だからこそ、同行避難のできる準備をしておいて欲しいと思います。

 

*どんな人にも触られて大丈夫なワンちゃんに育てましょう

 

*クレートで安心していられるように練習をしておきましょう

 

*迷子になったときのためにマイクロチップを入れておきましょう(ワンちゃんと飼い主さんが一緒の写真も用意しておきましょう)


パピークラスでスタートするのが一番です。当院のパピークラスは、ただ仔犬を集めて楽しい時間を過ごすのではなく、行動学に基づいた理論的なクラスです。仔犬の将来のためにも、パピークラスに参加して欲しいのです。

 

仔犬の頃からできれば1番ですが、成犬になってからでも練習できます。ぜひ、スタッフにお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 


What's new

🍀ドッグランの利用が始まりました。

 パピークラスブログ 

2017/11/15更新しました。

スタッフ日記

2017/11/13更新しました。

お問い合わせ