熱中症

こんにちは、獣医師の渡邉です。5月になりだんだん気温も上がってきましたね。半袖でも過ごしやすくなりました。とても過ごしやすい季節になってきましたが、その裏に潜んでいるのが熱中症です。熱中症って夏の話では?多くの方がそう思われていると思います。最近天気予報でも熱中症の話題が取り上げられています。5月でも熱中症で救急搬送される方がいます。今日は熱中症を取り上げてみたいと思います!

 

まず体温は、脳内にある視床下部という部分で調節され、ほぼ一定に保たれるようになっています。暑いときには汗を出して体を冷やしたり、逆に寒いときには震えることで熱を作りだしています。熱中症は、暑い環境中での体温コントロールが破綻した状態のことを言います。人の場合でも熱中症で亡くなるケースが多いですが、動物さんでも亡くなることが多く、軽視できない状況です。

人は汗を出す汗腺が発達していますが、犬や猫は汗腺が乏しく、口を開けてハーハーと呼吸(パンティング)することで熱を逃がしています。つまり、犬猫さんたちは私たちよりも熱中症にかかる可能性が高いのです!特に注意しなければならないのが、短頭種(パグ、フレンチブルドッグなど鼻がつぶれた犬種)や肥満している子です。短頭種は解剖学的に空気の通り道(気道)が狭く空気の抵抗が大きいため、呼吸がしにくい構造をしています。暑くてパンティングしたくてもうまく呼吸できず、体内に熱をため込んでしまい、体温コントロールが破綻してしまいます。肥満した子も脂肪により気道が圧迫されるため、同様に体温コントロールが破綻します。

 

それでは熱中症を防ぐためにどうしたらいいでしょう?まずは涼しい環境です。締め切った部屋はかなり高温多湿になります。節電の時代ですが、冷房を活用しましょう。扇風機でもいいの?答えはノーです。扇風機はその場の空気を循環させます。なので、高温多湿の環境下では熱風を循環させていることになります。また、お散歩は早朝や夕方などにしましょう。アスファルトからの反射熱は大変大きいです。さらに動物さんたちは私たちよりもよりアスファルトに近いため、暑い空気をより多く吸い込んでしまいます。また、お散歩のときには、必ず水分補給を!人も同じですよ!十分な水分補給ができず脱水することで、より体熱の放散が妨げられ、熱中症に落ちります。

 

熱中症ってどんな症状?症状は様々ですが、呼吸が荒い、ぐったりしている、痙攣しているなど。動物さんでは重症化して発見されるケースが多く、すぐに対応しないと手遅れになることが多くみられます。このような状態で見つけた場合、すぐに来院してください!

 

この時期、動物病院は狂犬病やフィラリア予防で大変混み合います。動物さんを車に乗せたまま待たれる飼い主様もいらっしゃいます。できるだけ、待合室で待たれるか、車で待たれる場合は飼い主様も一緒にお待ちください。短時間であっても熱中症に陥るリスクはあります。

 

熱中症に限らず、動物さんの様子がおかしい時はすぐに受診しましょう!

これから暑い時期を迎えますが、家族全員で元気に乗り切りましょうね!

 

 


What's new

🍀ドッグランの利用が始まりました。

 パピークラスブログ 

2017/7/10更新しました。

スタッフ日記

2017/7/19更新しました。

お問い合わせ