ただいまダイエット中!

ただいまダイエット中!

 

こんにちは、獣医師の渡邉です。前回は猫のフェロモン剤について書きましたが、今回はまたまたダイエットのお話をしたいと思います。

 

肥満は人間と同じように、動物さんたちにとっても万病のもと。痩せている動物と比べると、体重が多い動物は様々な病気によりかかりやすいということが分かっています。前にもお伝えしたように、ダイエットの方法は食事管理が重要になります。カロリーが多くないか計算することも大切ですし、ダイエット用のフードに変更されるのもおすすめします。

 

今日は新しく発売されたフードについてお話します。リバウンドに注目し、代謝向上を考えたフードが開発、発売されました。従来のダイエット用フードとの違いは、リバウンドしにくいということです。また嗜好性も高く、大きなポイントは厳密に計らなくても痩せられるということです。従来のフードは、あげる量を守らないと太る傾向にありました。しかし、新しく発売されたフードは少し多めにあげても痩せたことがわかっています。もちろんあげすぎは太りますよ!また、ダイエット成功後、給餌量を増やしてもリバウンドしなかったとこも特徴です(フードを変えると太るそうです)。

 

こうやって特徴を書いても、実例がないと納得していただけないと思うので、我が家のぽっちゃりさんたちに協力していただきました!ごはん大好きなスバル君とめのうちゃんです。今回はめのうを取りあげますね。避妊手術をした2歳の女の子ですが、ウエストライン、おなか回りにお肉がついております。現在トライアルから1か月近く経過します。ダイエット前の体重は4.6㎏。1か月経過して、なんと体重が4.3㎏になっていました!フードがダイエット用フードを、給餌量を決めてあげていました。1週間あたり体重の1%の減少が望ましいので、めのうはちょっとハイペースで体重が落ちていることになりますね。これでは体に負担がかかるので、もう少し給餌量を増やしてもいいかもしれません。しかし、めのうの理想体重は3.76㎏…。ダイエットは長期戦です!焦らずじっくり経過を見ていきますね。

 

めのうちゃんのダイエットbefore and after です。ウエストのくびれがよくわかりますね。おなかのたるみが取れてない?そこはもうちょっと長くなりそうです()

ダイエット用フードでも太るという方もいますが、その大きな原因がごはんを多くあげていたことです。当院ではダイエット用のフードの紹介以外に、フードの給餌量の計算も行っております。あげているごはんの量が適切かどうか、再計算してみるもいいかもしれませんね!

 


What's new

🍀ドッグランの利用が始まりました。

 パピークラスブログ 

2017/8/21更新しました。

スタッフ日記

2017/9/22更新しました。

お問い合わせ