爪の切り方

こんにちは。スタッフの武内です。

 

皆様は、ご自分のわんちゃん、猫ちゃん、うさぎさんなどの、爪切りは、どうされていますか??

トリミングへ出したときに切ってもらっている、散歩のときに削れるから大丈夫、爪?見たことない・・・

というさまざまな方がいらっしゃると思います。

爪切りをしていなくて放置してしまうと、爪が伸びすぎてしまい、肉球にくいこんで、化膿してしまうこともあります。

また爪が伸びすぎてしまうと血管自体も伸びてしまうため、こまめに爪のチェックはしましょう。

 

爪切りについて説明をします。

いろいろなタイプの爪切りが市販されているかと思いますが、“ギロチンタイプ”というものをおすすめします。慣れれば使いやすいですし、細かい部分も整えやすいです。

 

肢を触られても怒らない、噛み付かないようにしないと爪きりは難しいので、まずは肢を触られることに慣らしましょう。

少し触ったら、フードを与えるなど、少しずつ慣らしていきましょう。

 

爪は血管、神経、伸びている爪という構造になっています。

血管を切ってしまうと血が出てしまいます。痛いので、切らないように注意しましょう!!

 

軽く肉球を押していただくと爪がでます。

またこの時に爪を押さえていただくと振動が伝わりにくいです。

爪切りをよく見ていただくと、ねじがあると思いますが、そちらの部分から爪を入れます。

慣れないうちは、少しずつ切りましょう。

 

不安な場合はスタッフに相談しにきてくださいね。

 


What's new

🍀ドッグランの利用が始まりました。

 パピークラスブログ 

2017/7/10更新しました。

スタッフ日記

2017/7/19更新しました。

お問い合わせ