シャンプーしましょう

こんにちは。スタッフの武内です。

皆様は本当のシャンプーの仕方ってご存知ですか?

 

知らないって思う方のが多いかと思いますので、

今回はシャンプーの仕方について書きたいと思います。

 

シャンプーをする頻度についてですが、健康な子であれば、月に1回か2回くらいが適度と思われます。

※皮膚炎の子や、住宅環境により異なります。

※体調が良いときに行ってください。

 

まず始めに、被毛の汚れや、抜け毛、毛玉、もつれをとります。

これらが残っていると綺麗に洗えないのと、

毛玉が残っているうちに濡らしてしまうと、毛玉が固まってしまい、取り除くのが困難になります。

※無理やり引っ張ったりすると、皮膚を傷めてしまいますので、注意してください。

不安な場合は、当院にご相談ください!

 

そして、被毛を濡らします。

お湯の温度は約38度で、人間が触ってみて少しぬるいかな?

と思うくらいの温度が良いです。

シャワーヘッドを体に軽く押し当てるようにし、お尻の方から順番に濡らします。

シャワーヘッドを体から離してお湯をかけてしまうと、ジャージャー言う音や、シャワーの刺激でビックリしてしまいます。

※眼や鼻に水が入らないように注意してくださいね。

 

シャンプー剤ですが、皮膚炎の子で病院で処方されているものがあれば、そちらのシャンプーをお使いください。市販のシャンプーですと、皮膚炎が悪化する可能性があります。

健康な子におすすめのシャンプー剤も当院にはありますので、スタッフに相談してくださいね!

ほとんどのシャンプー剤は、“○倍くらいに薄めて使用してください”と説明書に書いてあるかと思いますが、原液のままだとかなり濃いので、薄めて、泡立てて使用してください。

指の腹で適度にマッサージするように洗います。指の間、股の間、脇、耳の後ろなどは、洗い忘れが多いので、気をつけてください。

※人間の爪は短く切ってください。

 

シャンプー剤を流す時は、濡らす順番とは逆で、頭の方から流していってください。

この時も、シャワーヘッドを軽く押し当てることや、眼、鼻に水が入らないように注意してくださいね。

耳、脇の間、股の間、指の間などは流し忘れが多いので注意してください。

※流し忘れは皮膚炎の原因にもなります。

 

し終わったら、タオルで乾かします。

市販のもので吸水性の高いタオルなどもありますので、使ってみるといいかもしれませんね。私も使っています。

 

自然乾燥でいいやと思われる方も多いかも知れませんが、ドライヤーを使って、素早く乾かすことをおすすめします。

※濡れている状態が続いていると皮膚炎の原因となります。

ドライヤーで乾かすときは、熱風は控えてください。

また、今の時期は、熱中症にもなりやすいので、十分注意してください!

 

わからないことがあればスタッフに聞いてくださいね!

 

 

What's new

🍀ドッグランの利用が始まりました。

 パピークラスブログ 

2017/7/10更新しました。

スタッフ日記

2017/7/19更新しました。

お問い合わせ